あの国は正気じゃない

ブルームバーグより引用 2015/03/17 07:33 JST

ギリシャの行く末「楽天家」もあきらめた-首相は正気じゃない
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NLB0FH6K50XS01.html

 

~中略~

「もうあきらめた」と、ウニクレディト・バンクのチーフ・グローバルエコノミストである同氏は「サンデー・ラップ」リポートに記述。「ギリシャがルールに従ってゲームをしないなら、出ていく準備をすべきだろう。ここ数週間から判断するに、ギリシャがルールを守る望みは薄い」と続けた。

さらに、「欧州の一員として深くコミットしている私のような欧州人にとって、この結論がどれほど辛いものか理解してほしい」とも付け加えた。

国際通貨基金(IMF)に勤務経験があるニールセン氏が望みを失った理由は、ギリシャのチプラス首相が先週、ドイツに第2次世界大戦中の出来事をめぐり賠償を求めたことだ。この「正気の沙汰ではない」ところに、同氏が言うところの「見え透いた偽善」と欧州中央銀行(ECB)の制約に対する無知が加わっては、全当事者がギリシャのユーロ離脱を覚悟せざるを得ないという。

~以下、省略~

こういった常識的な考え方は、
Ja周辺国では、
通用しないのでしょうか...?

関連記事
Date: 2015.03.28 Category: 本・読み物  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: