質が落ちたか育成中か?

WPX CWの 15m-bandで、QRZを連発する W局が数局いました。

QRZ局は、多分に、ニューカマー、あるいは初級者。
 (初心者 → 初級者 → 中級者 → 上級者 → 雲の上)

思いをめぐらせると...
世代交代がおきている真っ最中でしょうか。

 

対して、
日本のコンテスターは、若い世代があまり育っていないみたい。

ロカコンにでると、
ランニングしているのは、お馴染みの人たちばかり。


もしも
私がムセン業界の人間だったら。

フォーミュラ1/F1みたいに、メーカーがスポンサーとして手を挙げて、
(挙げさせて)
DXコンテストクラブをつくってみたいです。

コールサインは、いろいろな関係者を説得し、
根回しを行い...

JA1J
JA1K
JA1Y
JA3I


あたりを取得。

んで。
スポンサーとオペレーターの両方の便宜をはかって、リモートシャックを構築。

リモートシャックには、
一流の現役コンテスターが、
同時にログインし、
MM参加。

DXコンテスト期間中、
山シャックには、
コンテスター育成を兼ねて若手ボランティアが数名、
メーカーのエース級技術者 1名、SE 1名、助手が数人常駐。

コンテスト時の問題点は、次世代無線機の開発にフィードバック


今のままじゃぁ、SDRメーカーに、コテンパンにやられちゃいますゼ。 
社長。




関連記事
Date: 2015.05.31 Category: コンテスト  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: