タブレット用の変態ファンクションキーを矯正

久ぶりにタブレット(Windows10)を購入。
今度は、10インチ液晶にキーボード付き。

20160228_3tablet.png


 

以前に購入した、8inchの古いタブレット(Windows 8)では、
ノートPCの代わりにもなるように、
青歯キーボードと、
青歯マウス
も併せてし活用してました。

この3点セット、一応、使えると言えば使えるのですが。
・バッテリーが、3台それぞれに必要。キーボードは乾電池。
・マウスの青歯接続が不安定。
・3台それぞれにケースや保護カバーをつけるため嵩張り、重量も増加。

結果、持ち運びが不便で...
自宅の中で使うばかり。


というわけで、MS Surfaceもどきの、
5V電源で駆動する、キーボードを脱着できる
タブレットを導入しました。

-・・・-

20160228_1tablet.png

最初に入手した、A社の青歯接続キーボード のファンクションキー↑↑↑
がコレでした。
つまり、
EscやF1キーは、
青色のFnキーと同時押しで、本来の機能が発揮します。
こう言うと大したことないようだけど、実際に使ってみたら、大変不便な同時押し。


20160228_2tablet.png

そして、今回入手した、タブレット合体型キーボードのファンクションキー↑↑↑

まぁ、Escキーが独立しているだけマシですが、
F1, F2, F3...は、同様に青色のFnキーと同時押しで、本来のファンクション機能が発動。
単独でキーを押すと、消音、音量減、音量増... になります。

日ごろ、ロギングでF1とか、F4、F5あたりを多用する自分にとって、
こういうキーボードは、
壊して捨てたくなります...

気をとり直して、 
Fnキー+F1キー の実行作業を
F1キーのみで行えるように、
AutoHotkeyで修正。



こちらのHPが非常に参考になりましたが、
http://design-ambience.com/wordpress/?p=509

私のキーボードとアサインが少しちがうので...

http://zze128.blog9.fc2.com/blog-entry-403.html
http://ahkwiki.net/Top

...あたりも参考にしながらマクロを変更しました。
無事、Ctestwin等で、
F1~F12キー
が快適に使えるようになりました。


;AutoHotkey用
;タブレットキーボード変更マクロ
Volume_Mute::F1
Volume_Down::F2
Volume_Up::F3
Media_Play_Pause::F4
$*#Q::
{
Send, {Blind}{F5}
return
}
$*#H::
{
Send, {Blind}{F6}
return
}
$*#K::
{
Send, {Blind}{F7}
return
}
$*#I::
{
Send, {Blind}{F8}
return
}
Home::F9
End::F10
PgUp::F11
PgDn::F12

;右Altキー単独で漢字変換
RAlt::vk19

関連記事
Date: 2016.02.28 Category: 計算機  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: