史上最年少プロ棋士の偏差値

史上最年少でプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段。

破竹の25連勝ということで、
確率的には・・・
0.5の25乗、
すなわち、
2.98023E-08 と限りなくゼロに近いです。


 

えーと。
正規分布を仮定すると、
正規分布表 normal distribution  (高精度版)
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/mnaka/ut/normdisttabhigh.html
で 5.42σあたりが 25連勝相当になり、z=2.97995E-08

偏差値100
を超えていますね。


関連記事
Date: 2017.06.14 Category: 本・読み物  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: