FC2ブログ

各社力作ぞろい@ハムフェア

十数年前の数年間,
自転車で簡単にハムフェア会場に行くことができたのに,
実際に行ったのは,わずか1回.

惜しいことをしました.


 

今年は,各メーカーのHF機がとても面白そう.
JVC Kenwoodは,待望のTS-890

8xxシリーズは,まさに実戦向けのリグで,830はDXerやコンテスターご用達でした.
今回の890も,990に比べて,ゴテゴテ感のあるツマミやスイッチが消え,
コンテストで,DXで,間違えずに,やりたいことがすぐできそう.
ただし,価格が想像以上に高くて,売れるか心配.
なんとか,IC-7610並にはできなかったのでしょうか.
SDRをバンスコだけに使い,2波同時受信ができないのがイタイ...

Yaesuは往年の101に未来を託したのか,FTDX101

FTDX101MPという 200Wタイプが用意されたことから,
FTDX5000MPの後継機種という位置づけなんでしょうね.

昔々,Yaesu Oneというのもありましたが,今回も名前負けしないように祈っています.
これまでに,八重洲無線には軽自動車1台分は貢いでいますので.

Icomは IC-7610のIQ出力 という飛び道具・・・ 
http://www.icom.co.jp/support/download/firmware_driver/FrmFreeInq.php?ID=20180813001

20180825_IC7610_IQ.png

これで,7610ユーザーにCW Skimmerの利用者が激増しそうですが,
同時に,
聞けないCWerが増えてしまうかも???


IC-9700は昨年の参考出品から
実機販売(年内)のようです.

同社が10-15年で修理中止っていう線を引いた以上,
遠くないうちにIC-911は引退なわけで・・・

そういう意味では,発売されて当然のリグとも言えますが,
EMEerを目指している私としても嬉しいです.

関連記事
Date: 2018.08.25 Category: リグ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: